サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ

情報バリアフリーのための情報提供サイトへようこそ

情報バリアフリーのための情報提供サイトへようこそ

[ 目次 ]

はじめに

画像: サイトイメージ情報バリアフリー社会とは、高齢者や障害のある方が情報通信を利用する上での障害(バリア)をなくし、全ての人が情報通信を利用できる社会を言います。身体障害のある方や高齢者のご自身、あるいはサービスや機器の開発・提供に携わる事業者の方々に、本サイトの情報を活用していただくよう期待しています。

情報バリアフリーについての詳しい解説はこちら


NICTからのお知らせ

New! ■Webアンケート実施中!
【「情報バリアフリーのための情報提供サイト」についてのアンケート】
(アンケート実施期間:2017年2月17日(金)〜3月16日(木))

当サイトをご覧いただきありがとうございます。
当サイトの改善や、コンテンツの充実等を図るため、アクセス頂いた方を対象にWebアンケートを実施中です。頂いた回答は本目的以外には使用しません。是非、ご回答頂けますようお願いいたします。
 ※Webアンケートは外部業者(マクロミル社)が運営するクエスタントというアンケート専用サイトを利用して行います。以下の「Webアンケートに回答する」をクリックすると、そちらのサイトに飛びますので、ご了解の上ご回答をお願いいたします。
 →Webアンケートに回答する。<https://questant.jp/q/nict>

New! ■平成29年度情報バリアフリー事業助成金の公募について(募集中)
平成29年度の公募を開始しました。公募期間:1月27日(金)〜4月7日(金)17時
誰もが等しく通信や放送のサービスを利用できる環境を整備するために、障害のある方
に向けた通信・放送役務の提供、又は開発を行う対象事業者に対して、助成対象事業を
行うために必要な経費の一部を助成します。
 →詳細は 情報通信研究機構 の報道発表をご覧ください。 <http://www.nict.go.jp/press/2017/01/27-1.html>

New! ■総務省における平成29年度の「デジタル・ディバイド解消に向けた技術等研究開発」対象事業の公募について(募集中)
総務省において平成29年度の公募が開始されました。公募期間:2月15日(水)〜3月17日(金)17時
高齢者・障害者のための通信・放送役務の高度化に関するもの、又はこれまでに実施されていない
高齢者・障害者のための通信・放送役務に関するものの研究及び開発を行う民間企業等に対して、
その研究開発資金の一部を補助します。
 →詳細は 総務省 の報道発表をご覧ください。 <http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000092.html>


サイトメニュー

サービスの内容や
事業者について
知りたい
最新の事業者の
取組みが
知りたい
NICTの助成金
制度について
知りたい
ウェブアクセシ
ビリティの規格が
知りたい

行政機関の
取組みが
知りたい
その他用語解説
関連団体への
リンク
はこちらから)
メールアドレスの登録でサイトの
更新情報をメールでお知らせします

>> 登録はこちら

NICTの取組み

○助成事業者について

○成果発表会

○研究成果

 


以下は、このページの奥付です