サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ

情報バリアフリーのための情報提供サイトへようこそ

情報バリアフリーのための情報提供サイトへようこそ

[ 目次 ]

はじめに

画像: サイトイメージ 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は、身体障害者を含む全ての人が情報通信を円滑に利用できる「情報バリアフリー環境」の実現を目指し、身体障害者向け通信・放送サービスを提供する事業に対する助成や関連情報の提供などを行っています。本サイトが身体障害者や高齢者、支援事業者及び関連機器・サービスの開発・提供に携わる事業者の皆さまに活用されることを期待しております。

情報バリアフリーについての詳しい解説はこちら


お知らせ

New! ■「情報バリアフリー通信・放送役務提供・開発推進助成金」の公募について
令和6年度「情報バリアフリー通信・放送役務提供・開発推進助成金(通称:情報バリアフリー事業助成金)」の助成事業について公募中です。
  令和6年2月1日(木)から令和6年3月28日(木)17:00(必着)
報道発表はこちらをご覧ください。
  →https://www.nict.go.jp/press/2024/02/01-1.html
詳しくは、本助成金のページをご覧ください。
  →<情報バリアフリー通信・放送役務提供・開発推進助成金>

New! ■「デジタル・ディバイド解消に向けた技術等研究開発」の公募について
総務省が、令和6年度における高齢者・障害者向けの新たなICT機器等の研究開発に対する補助金「デジタル・ディバイド解消に向けた技術等研究開発」対象事業について公募中です。
 令和6年2月1日(木)から令和6年3月29日(金)17:00(必着)
  →詳しくは総務省のホームページをご覧ください。<https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000158.html

New! ■バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰の受賞について
NPO法人メディア・アクセス・サポートセンター(MASC)*が、令和5年度内閣府バリアフリー・ユニバーサル推進功労者表彰の内閣総理大臣表彰を受賞しました。
* NICTが情報バリアフリー通信・放送役務提供・開発推進助成金で支援している事業者

■「放送分野における情報アクセシビリティに関する指針」の改定について
総務省は、字幕放送、解説放送及び手話放送の普及促進を定める行政指針「放送分野における情報アクセシビリティに関する指針」を改定しました。
  →詳しくは総務省の報道資料をご覧ください。                 https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/ryutsu_231017000168713.html

■「情報アクセシビリティ支援ナビ(Act-navi)」について
総務省は、情報アクセシビリティに配慮したICT機器・サービスの開発促進を目的として、開発計画段階から障害当事者のニーズや日常生活における困りごとなどを反映することができる「当事者参加型開発」に資するデータベース「情報アクセシビリティ支援ナビ(Act-navi)」を構築し、NICTが運用しています。
情報アクセシビリティに係るニーズ情報や配慮の事例、シーズ情報及び専門家情報等を掲載していますので、ご活用ください。
https://www.actnavi.jp/


メールアドレスの登録でサイトの更新情報をメールでお知らせします
>> 登録はこちら

サイトメニュー


これまでのトピック記事
情報バリアフリー
通信・放送サービス例
 
NICTの支援制度
情報バリアフリーへの取組み

情報アクセシビリティの規格
 

ウェブアクセシビリティへの取組み

行政機関の取組み
 

役に立つサイトの紹介
情報バリアフリーの理解を助ける
用語解説
 

NICTの取組み

○助成事業者について

○成果発表会

○研究成果

 


以下は、このページの奥付です

当サイトでのGoogle アナリティクスの利用について