サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ

情報バリアフリーのための情報提供サイトへようこそ

情報バリアフリーのための情報提供サイトへようこそ

[ 目次 ]

はじめに

画像: サイトイメージ 情報バリアフリー社会とは、高齢者や障害のある方が情報通信を利用する上での障害(バリア)をなくし、全ての人が情報通信を利用できる社会を言います。身体障害のある方や高齢者のご自身、あるいはサービスや機器の開発・提供に携わる事業者の方々に、本サイトの情報を活用していただくよう期待しています。

情報バリアフリーについての詳しい解説はこちら


NICTからのお知らせ

New! ■「字幕番組、解説番組及び手話番組制作促進助成金」「生放送字幕番組普及促進助成金」「手話翻訳映像提供促進助成金」の公募について
以下の助成金について公募中です。
「字幕番組、解説番組及び手話番組制作促進助成金」
「生放送字幕番組普及促進助成金」
「手話翻訳映像提供促進助成金」
  いずれも令和4年1月24日(月)から令和4年2月18日(金)17:00(必着)
報道発表はこちらをご覧ください。
   →<令和4年度「字幕番組、解説番組及び手話番組制作促進助成金」、「生放送字幕番組普及促進助成金」及び「手話翻訳映像提供促進助成金」の公募について>
詳しくは、本助成金のページをご覧ください。
   →<字幕番組、解説番組及び手話番組制作促進助成金>
   →<生放送字幕番組普及促進助成金>
   →<手話翻訳映像提供促進助成金>

■障害者データベースの運用開始について
9月28日(火)から障害者データベース「情報アクセシビリティ支援ナビ」の運用を開始します。
障害者等のニーズや困りごと等を基に、情報アクセシビリティに配慮した情報通信機器、ソフトウェア、及びこれらによって実現されるサービスの開発を促進していくため、情報アクセシビリティに係るニーズ情報や配慮の事例、シーズ情報、及び専門家情報等を掲載していきます。
<情報アクセシビリティ支援ナビ> https://www.actnavi.jp/

■「放送分野における情報アクセシビリティに関する指針」の策定
総務省において、平成30年度以降の字幕放送、解説放送及び手話放送の普及目標を定めた「放送分野における情報アクセシビリティに関する指針」が策定されています。
  →詳しくは総務省のホームページをご覧ください。
   < https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu09_02000196.html>


メールアドレスの登録でサイトの更新情報をメールでお知らせします
>> 登録はこちら

サイトメニュー


これまでのトピック記事
情報バリアフリー
通信・放送サービス例
 
NICTの支援制度
情報バリアフリーへの取組み

情報アクセシビリティの規格
 

ウェブアクセシビリティへの取組み

行政機関の取組み
 

役に立つサイトの紹介
情報バリアフリーの理解を助ける
用語解説
 

NICTの取組み

○助成事業者について

○成果発表会

○研究成果

 


以下は、このページの奥付です

当サイトでのGoogle アナリティクスの利用について