サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック記事 > 高齢者・障害者支援サービス・取組 > 情報アクセシビリティを当たり前に。「ABEMA」のタスクフォースチームの想い

情報アクセシビリティを当たり前に。「ABEMA」のタスクフォースチームの想い

株式会社AbemaTVが新しい未来のテレビとして展開する動画配信事業「ABEMA」。24時間放送のニュースをはじめ、オリジナルドラマ、アニメ、スポーツなど多種多様な番組を配信しています。メディアインフラとして台頭する「ABEMA」では、アクセシビリティ向上にどのように取り組んでいるのでしょうか。アクセシビリティの課題を解決するチームのメンバーである社員4名に話を伺いました。

「ABEMA」のサービスにおけるアクセシビリティ向上に取り組むタスクフォースのメンバーで、株式会社AbemaTVの社員の皆さん

「ABEMA」のサービスにおけるアクセシビリティ向上に取り組むタスクフォースのメンバーで、株式会社AbemaTVの社員の皆さん

[ 目次 ]

  1. マスメディアとして誰もが使いやすいサービスを提供したい
  2. ミッションは社内にアクセシビリティの意識を浸透させること
  3. 世の中の不自由に気づけるエンジニアを目指して
  4. 多様な人たちに寄り添い、社会インフラの役割を果たすメディアでありたい

facebookでこのページをシェアする / twitterでこのページをシェアする