ページの先頭: ナビゲーションをスキップ

現在の位置:

みんなのウェブ >  総務省実証実験について >  ウェブアクセシビリティ・セミナー2003のご報告 >

本文はじめ: 本文を飛ばす

札幌セミナー 参加者アンケート結果概要

2003年2月3日に札幌で開催したウェブアクセシビリティセミナーでは、セミナー参加者に対してアンケートを実施し、参加者のうち80名の方から回答をいただきました。

ご協力ありがとうございました。アンケート結果の概要は、以下とおりです。

目次おわり:

a. どのような立場からセミナーに参加したか

ウェブアクセシビリティセミナーにどのような立場から関心を持って参加したかを尋ねた。

回答のあった80名のうち、「企業や団体のホームページ提供に携わる立場」から参加した人が7割を占めた。

このほか、「ウェブクリエイターの立場」から参加した人は17.5%、「教育者・教育関係者の立場」から参加した人は1.3%、「シンクタンク・コンサルティングに携わる立場」から参加した人は2.5%であった。また、「ホームページ利用者側の立場」から参加した人は5.0%であった。

目次に戻る(x) 


b. セミナー参加以前に想定していたウェブ利用者

セミナーに参加する以前に、ホームページ作成に際して、どのような人を利用者として想定していたかを訪ねた。回答は選択肢からの複数回答の結果で、以下のパーセンテージは回答者数80名を母数としている。

回答者のおよそ四分の一が利用者として想定していたのは、「弱視の人」25.0%であり、ついで「全盲の人」22.5%、「高齢者」20.0%となっている。また、これらに比べ利用者として想定していた人が少ないのは、「聴覚障害の人」18.8%、「色覚障害の人」16.3%、「肢体不自由の人」15.0%、「知的障害の人」8.8%である。この他「一般(特に想定していない)」と回答した人が71.3%と、回答者の7割を超えている。

目次に戻る(x) 


c. セミナー参加以前のアクセシビリティに対する考え方

セミナー参加以前に、ホームページ作成に際して、高齢者・障害者への配慮についてどのように考えていたか尋ねた。回答は選択肢からの複数回答の結果で、以下のパーセンテージは回答者数80名を母数としている。

最も多かった回答は、「高齢者・障害者も利用しやすくするための技術が分からなかった」46.3%で、半数近くの人が選択している。次いで多かったのは「時間やコストがかかるため配慮していなかった」25.0%であった。

このほか、「アクセシビリティよりもデザインを重視した」15.0%、「高齢者・障害者を利用者として想定していなかった」13.8%、「配慮が必要だとは知らなかった」7.5%との回答結果となった。

目次に戻る(x) 


d. セミナーの内容のわかりやすさ

セミナーの内容のわかりやすさについて尋ねたところ、概ね分かりやすかったとの評価であった。

回答結果の詳細は以下の通りである。「とても分かりやすかった」13.8%、「分かりやすかった」51.3%、「普通」26.3%、「分かりにくかった」7.5%、「とても分かりにくかった」1.3%

目次に戻る(x) 


e. セミナーに参加した感想

セミナーに参加した感想を尋ねた。回答は選択肢からの複数回答の結果で、以下のパーセンテージは回答者数80名を母数としている。

今回のセミナー開催を通じ、6割近くの参加者に対して、アクセシビリティ改善のための技術や知識に関するヒントが伝わる効果があったことが伺える。また4割程度の参加者に、アクセシビリティに配慮することの重要性を認識したり、今後ウェブを作成する際に配慮するなど、前向きな取り組みの意識を持ってもらえたようである。

回答結果の詳細は以下の通りである。「配慮することの重要性が分かった」43.8%、「改善への具体的な技術に関する知識・ヒントが得られた」58.8%、「より深く勉強してみたい」25.0%、「今後作成する際は、配慮したい」45.0%「その他」0%

目次に戻る(x) 


f. 今後の参加意志の有無

今後同じような趣旨のセミナーが開催された場合、参加したいかどうかを尋ねた。

「ぜひ参加したい」との回答が、回答者のうちの46.8%、「内容・講師のメンバーによっては参加したい」との回答が、回答者のうちの53.2%であった。

目次に戻る(x) 


g. ウェブアクセシビリティに関する自由記述

ウェブアクセシビリティに関しての意見や感想を自由記述で回答してもらった。多くの回答者から現在の関心や取り組みの際に困っていることなどが具体的にあげられた。

以下に、回答内容の例を紹介する。

  • 障害者も、ウェブ作成業者や情報発信者もアクセスできるサイトで、ウェブアクセシビリティについて具体的な意見を述べ合う場が欲しい。そのような討論の場を行政(道庁)のサイト内に作って欲しい。
  • ウェブヘルパー等のツールが増えてくれればサイト運営も一定のクオリティを獲得できるので、是非今後も続けて欲しい。
  • ウェブデザインに関する具体的な手段・方法や、具体的なウェブ製作時の研修に関する情報等を公開して欲しい。
  • 視覚障害者の利用しているブラウザのシステムを、もっとクリエイター側に周知していくべき。逆にクリエイター側からすると、どのように気遣うことが配慮になるのかが理解できていないと存じる。
  • 障害者が情報収集しやすいホームページ制作について大変参考になった。今後はウェブアクセシビリティに配慮したい。
  • 湯浅氏(視覚障害者)が音声ブラウザを使ってウェブを利用するところを実際に見て、改めてウェブ作成時の考え方を問われたように思った。
  • ウェブアクセシビリティに配慮するとその分開発の作業時間がかかってしまうので、利益を追求している企業ではそれほどの必要がないと思われがちである。企業のトップの人に理解してもらわない限り、ウェブアクセシビリティは日本において深く広がらないと思われ、企業のトップにこのようなセミナーの内容を理解してもらいたい。

目次に戻る(x) 


本文おわり:

「ウェブアクセシビリティ・セミナー2003のご報告」に戻る(y)


ページの先頭に戻る(z) 


奥付:
(c) 2001-2003 by ウェブアクセシビリティ実証実験事務局,
(c) 2004- by 情報通信研究機構 バリアフリーサイト, all rights reserved. barrierfree@nict.go.jp
ページおわり: ページの先頭に戻る