ページの先頭: ナビゲーションをスキップ

現在の位置:

トップページ >

本文はじめ: 本文を飛ばす

みんなが使えるホームページの作り方

(平成18年3月改訂)

情報通信研究機構(NICT)では、ホームページを作る機会のあるすべての人に向けて、知っておいてもらいたいウェブアクセシビリティ12のポイントをまとめました。はじめから順番に読み進める必要はありません。まずは、できるところから、ほんの1つでもあなたの制作するページに取り入れてみてください。

なお、この12のポイントは、JIS X 8341-3:2004「ウェブコンテンツ」の制定前に作成されたものであることから当該JISの個別要件には必ずしも対応していませんが、参考までに、「b. JISの個別要件と12のポイントの関連」に、JISの「5.開発及び制作に関する個別要件」との関連を示しています。その要件及び内容については、JIS原本を参照してください。

また、JISの各個別要件の表記は、経済産業省産業技術環境局標準課のご理解により原本からそのまま引用させていただいています(転載禁止)。

あわせて、総務省において策定された、実際のウェブアクセシビリティの維持・向上の際に活用できる「みんなの公共サイト運用モデル」を紹介します

(注)平成18年3月の改訂内容:

目次おわり:

a. ウェブアクセシビリティ12のポイント

はじめに

ポイント1. 正しい文法で書く

ポイント2. タグで構造や役割を示す

ポイント3. 画像が見えない人のために

ポイント4. 利用者が迷わないリンク

ポイント5. テキストで注意すること

ポイント6. テーブルに必要とされる配慮

ポイント7. 迷わず使える入力フォーム

ポイント8. フレームをバリアにしない

ポイント9. スクリプトとマルチメディア

ポイント10. スタイルシートを有効に使う

ポイント11. 色づかいの配慮

ポイント12. その他に注意したいこと

目次に戻る(x) 


b. JISの個別要件と12のポイントの関連

この「みんなが使えるホームページの作り方」は、JIS X 8341-3「高齢者・障害者等配慮設計指針−情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス−第3部:ウェブコンテンツ」が制定される前に作成したものです。そのため、この12のポイントはJISの開発及び制作に関する個別要件全てには対応していません。

JISの個別要件に関連する12のポイントを参照するには、以下のページをご覧ください。

JISの個別要件と12のポイントの関連

目次に戻る(x) 


c. 総務省「みんなの公共サイト運用モデル」

総務省では、高齢者や障害者を含む誰もが公共分野のホームページ等を利用することができるよう、平成17年12月に「みんなの公共サイト運用モデル」を公表しました。 この「みんなの公共サイト運用モデル」は、JIS X8341-3をベースとし、ウェブアクセシビリティ維持・向上のための運用モデルと、その実践のため手順書やワークシート類で構成されています。 「みんなの公共サイト運用モデル」を参照するには、以下のページをご覧下さい。

みんなの公共サイト運用モデル(総務省ホームページ)バナー画像、詳細はこちら

目次に戻る(x) 


d. パンフレットのダウンロード

「みんなが使えるホームページの作り方 〜ウェブアクセシビリティ12のポイント〜」(改訂版)のパンフレット原稿をダウンロードできます。

パンフレット表紙の画像

目次に戻る(x) 


本文おわり:

トップページに戻る(y)


ページの先頭に戻る(z) 


奥付:
(c) 2004- by 情報通信研究機構 バリアフリーサイト, all rights reserved. barrierfree@nict.go.jp
ページおわり: ページの先頭に戻る