サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック > 障害者のeスポーツ挑戦を本格支援! 「障害者プロゲーマー養成所」が開設

障害者のeスポーツ挑戦を本格支援! 「障害者プロゲーマー養成所」が開設

群馬県内を中心に障害福祉サービスを展開する、株式会社ワンライフ。「偏見のない社会を創り障害の『カタチ』を変える」をモットーに、児童発達支援施設や生活介護施設などを運営しています。
2018年8月、ワンライフは生活介護施設『iba-sho』の福祉サービスとして、利用者がeスポーツ(*1)を楽しむ『ONE GAME』という取り組みをスタートしました。プロゲーマーチームUnsold Stuff Gamingと連携し、将来的には「障害者プロゲーマー」の育成を目指しているそうです。

今回はONE GAMEのスタートから間もない2018年11月にiba-sho(群馬県伊勢崎市)を訪ね、介護スタッフおよびONE GAMEコーチとして働く中村さんからお話を伺いました。

ONE GAMEコーチの中村さんが、利用者の隣でゲームをサポートしている

ONE GAMEコーチの中村さんが、利用者の隣でゲームをサポートしている

(*1)「エレクトロニック・スポーツ(electronic sports)」の略称。コンピューターゲームやビデオゲームで対戦する競技を指す

[ 目次 ]

  1. eスポーツとグラフィック作成:利用者に2種類のアクティビティを提供
  2. 障害者向けコントローラーと視線入力デバイスを駆使してゲームプレイ
  3. 「あきらめていたゲームがもう一度できて本当にうれしい。休憩の時間も惜しんでプレイしています」
  4. 体験会やSNSを通して障害者のゲーム文化を広めたい

facebookでこのページをシェアする / twitterでこのページをシェアする