サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック > 高齢者・障害者支援サービス・取組 > テレビ放送視聴困難者に最適な情報を届けたい。九州字幕放送共同制作センターの取り組み

テレビ放送視聴困難者に最適な情報を届けたい。
九州字幕放送共同制作センターの取り組み

九州字幕放送共同制作センターは2004年に九州電力と福岡民放5局による共同出資で設立されたユニークな会社です。障害者を雇用する九州電力の特例子会社としての位置づけですが、放送局の系列に縛られることなく、九州内外のテレビ放送への字幕付与を行うという特色を持ち、実績を上げています。日本補聴器工業会の2012年の調査によると、聴覚障害者だけではなく、高齢化に伴う難聴者増加まで含めると全国約2000万人がテレビの視聴に問題を抱えると推測されている日本。今回は制作部主任の麻田さんに、字幕放送の現状やその技術、そして今後の広がりについてお話を伺いました。

九州字幕放送共同制作センター 制作部主任 麻田延子さん

九州字幕放送共同制作センター 制作部主任 麻田延子さん

[ 目次 ]

  1. センター設立と字幕放送を取り巻く環境
  2. 字幕制作のスキル
  3. 字幕制作プロフェッショナルの育成
  4. 今後の取り組みについて

facebookでこのページをシェアする / twitterでこのページをシェアする