ナビゲーションをスキップ

サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック > 高齢者・障害者支援サービス・取組 > 立体コピーシステム

立体コピーシステムは、視覚障がい者の方への情報伝達をサポートする
コミュニケーションツールです

今まで視覚障がいのある方たちに伝わりにくかったグラフや地図などのビジュアル情報の伝達を支援するために開発された立体コピーシステム。2007年にはデジタル化されたシステムを搭載した製品が発売され、利用法が広がりました。コニカミノルタビジネスソリューションズ株式会社事業企画統括部プロダクトマーケティングセンター商品企画1部の稲葉慎治さんに、「立体コピーシステムPartner Vision bizhub 360(パートナービジョン ビズハブ 360)」についてお話をうかがいました。

稲葉慎治さんの写真
※写真1 コニカミノルタビジネスソリューションズ株式会社 稲葉慎治さん

[ 目次 ]

  1. 立体コピーシステムはどんなしくみですか
  2. どのような特長がありますか
  3. どんな活用をされているのですか
  4. コミュニケーションツールとしての活用について
  5. 複雑なビジュアル情報は伝わりにくいですか
  6. ユニバーサルデザイン製品としての取り組みについて
 

以下は、このページの奥付です