サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック記事 > 高齢者・障害者支援サービス・取組 > 高専生が開発した点字翻訳システムで視覚障害者の”読む”にまつわる課題を解決(1/4)

高専生が開発した点字翻訳システムで視覚障害者の”読む”にまつわる課題を解決

八王子市にある国立東京工業高等専門学校の学生たちが、印刷された文字を点字に、逆に点字を文字に変換する機能のほか、点字をスキャンしてインターネットで送信する機能を持つ自動点字相互翻訳システム「:::doc(てんどっく)」を開発しました。

視覚障害者からの相談をきっかけに開発された「:::doc」は、コンピューターのプログラミングを競う「全国高等専門学校第30回プログラミングコンテスト」で最優秀賞および文部科学大臣賞に輝きました。なぜこうしたシステムを開発しようと考えたのか、指導にあたった山下晃弘准教授と、開発を手掛けたゼミの生徒に話を伺いました。

「:::doc(てんどっく)」の開発に携わりコンテストに出場した正式メンバーの皆さんと指導教諭

「:::doc(てんどっく)」の開発に携わりコンテストに出場した正式メンバーの皆さんと指導教諭

[ 目次 ]

  1. 墨字のプリントを点字に翻訳する画期的なソフトウエア「:::doc」
  2. 「:::doc」は視覚障害者の声を反映させながら開発
  3. プログラミングコンテストでは完成度の高さが評価
  4. 技術者の手によって障害者が暮らしやすい世界を実現

facebookでこのページをシェアする / twitterでこのページをシェアする