サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック > 高齢者・障害者の現状と課題 > ろう者が安心して生活できる社会の実現を目指して 〜映画『ゆずり葉』の製作〜

ろう者が安心して生活できる社会の実現を目指して 〜映画『ゆずり葉』の製作〜

全日本ろうあ連盟創立60周年記念映画『ゆずり葉』は、全国約600か所の会場で上映し、上映回数は1000回以上、観客動員も17万人を突破しました。その他、全国の小中高校や行政関連団体などにおいて上映会が実施され、たくさんの反響が寄せられているそうです。

今回は、全日本ろうあ連盟の久松三二さん、監督の早P憲太郎さんにインタビュー。『ゆずり葉』を通して伝えたかったこと、そして、情報バリアフリー社会の実現に向けての取り組みについて話を伺いました。

財団法人全日本ろうあ連盟 常任理事・事務局長 久松三二さんの写真
財団法人全日本ろうあ連盟 常任理事・事務局長 久松三二さん

[ 目次 ]

  1. 映画『ゆずり葉』製作の経緯
  2. 全国的な上映会の実施
  3. 聴覚障害者の情報アクセスについて
  4. 映画監督の視点から〜早P憲太郎監督インタビュー