ナビゲーションをスキップ

サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > 通信・放送 > 聴覚障害のある方のために > NECシステムテクノロジー株式会社

NECシステムテクノロジー株式会社

[ 目次 ]

  1. 名称
  2. 対象
  3. 内容
  4. NECシステムテクノロジー株式会社のウェブサイト

1. 名称

聴覚障害者向け遠隔要約筆記支援サービス(リモートノートテイカー)の開発と提供

ページの先頭に戻る

2. 対象

授業中の要約筆記支援を必要とする聴覚障害児童・生徒。

ページの先頭に戻る

3. 内容

聴覚に障害をもつ児童・生徒が授業を受ける際、隣席などでノートやPCなどを用いた要約筆記支援が必要となる場合があります。しかし、支援できるボランティアは慢性的に不足しているため、支援者が見つからないあるいは、支援者が学校まで行けず断念せざるをえない場合が起こりえます。そこで、要約筆記をどこからでも行なえるようにすることで、聴覚障害児童向けの学校での要約筆記の支援を拡充する仕組みとして、「遠隔要約筆記支援サービス(リモートノートテイカー)」の開発を進めています。

遠隔要約筆記支援サービス(リモートノートテイカー)の機能イメージ図
                                                    図:遠隔要約筆記支援サービス(リモートノートテイカー)の機能イメージ                 【図の説明】

機能概要

遠隔要約筆記支援サービス(リモートノートテイカー)は以下の機能で構成されています。

  1. 予約(マッチング)機能
    学校や保護者からの要約筆記支援の依頼と支援者からの要約筆記参加の登録を、要約筆記する授業の内容や支援者のスケジュールやスキル等を勘案してマッチングし、依頼授業に対応できる要約筆記者を配置します。
  2. 配信(遠隔要約筆記)機能
    教室(先生・生徒)と遠隔地にいる要約筆記者をインターネット(Skype)で接続して、支援者が教室から配信される先生の音声を聞きながら要約筆記するテキストを教室にいる生徒のパソコンに配信します。
  3. 保存(ライブラリ)機能
    授業の映像・音声・要約筆記内容はライブラリに記録され、授業が終わった後に要約筆記内容の加筆・修正ができます。また、万が一支援者がマッチング出来なかった場合でも、後から要約筆記を追加することもできます。

ページの先頭に戻る

4. NECシステムテクノロジー株式会社のウェブサイト

ページの先頭に戻る

 

以下は、このページの奥付です。