ナビゲーションをスキップ

サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > 通信・放送 > 聴覚障害のある方のために > NPO法人CS障害者放送統一機構

NPO法人CS障害者放送統一機構

[ 目次 ]

  1. 名称
  2. 対象
  3. 内容
  4. NPO法人CS障害者放送統一機構のウェブサイト

1. 名称

通信衛星を利用したリアルタイム字幕配信サービス(平成14・15・16・17年度NICT助成事業)

ページの先頭に戻る

2. 対象

日本全国に居住する聴覚障害

ページの先頭に戻る

3. 内容

CS障害者放送統一機構は平成14年3月、文化庁より著作権法第37条2の聴覚障害者のための自動公衆送信が認められる者の指定を受けました。これにより、同年5月から地上波の一般テレビ番組、特に生番組に対応するリアルタイム字幕と手話通訳をCS通信によって全国の聴覚障害者に配信するサービスを実施しています。

平成15年4月からは、専用受信機「アイ・ドラゴンII」が身体障害者日常生活用具に指定され、基本的には身体障害者手帳を持つすべての聴覚障害者が給付を受けられるようになりました。平成16年1月時点で設置数2700台、予約数1600台、合計4300台普及しています。

一般テレビ放送の生番組へのリアルタイム字幕付与がまだ十分でないこともあり、聴覚障害のある利用者に喜ばれています。

字幕や手話が通信衛星を通じて配信される仕組みを説明した図

ページの先頭に戻る

4. NPO法人CS障害者放送統一機構のウェブサイト

ページの先頭に戻る

 

以下は、このページの奥付です。