ナビゲーションをスキップ

サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > 行政機関の取組 > 統計データ > 障害者によるインターネットの利用率

障害者によるインターネットの利用率

障害者のインターネット利用率については、複数の調査結果がある。それぞれに調査方法も異なるため、相互の数字を単に比較することは難しい。

しかし、年々障害者のインターネット利用率は高まりつつあるものと想定される。

[ 目次 ]

  1. 総務省 情報通信政策研究所 調査研究[結果概要](平成24年)より
  2. 内閣府「平成21年度 障害者施策総合調査」(平成22年)より
  3. 総務省 情報通信政策研究所 調査研究報告書(平成15年)より
  4. 郵政省(総務省)・障害者アンケート(平成11年)より
  5. 郵政研究所・障害者アンケート調査(平成10年)より
  6. 参考:郵政研究所・知的障害児者のインターネット利用率(平成11年)

1. 総務省 情報通信政策研究所 調査研究[結果概要](平成24年)より

この調査は東京都に居住する、16歳以上69歳以下の心身障がい者を対象に、インターネットに関する利用の動向や意向に関して行われた。調査の内容及び手法の検討にあたっては、「障がいのある方々のインターネット等の利用に関する調査報告書(総務省情報通信政策研究所H15.6)」の障がい者アンケート調査が適宜参照されている。調査は平成24年1月〜3月に実施、有効回答数は812件。

この調査によると、障がいのある人のインターネットの利用率は53.0%で、半数以上がインターネットを利用している。

<障がいのある方々のインターネット利用率(平成24年)>
インターネットを利用している
視覚障害 91.7%
聴覚障害 93.4%
肢体不自由 82.7%
障がい者全体 53.0%

出所:総務省情報通信政策研究所障がいのある方々のインターネット等の利用に関する調査研究[結果概要](平成24年1月〜3月実施)

ページの先頭に戻る

2. 内閣府「平成21年度 障害者施策総合調査」(平成22年)より

この調査は、内閣府の『障害者施策総合調査2009(平成21年度)「広報・啓発」、「国際協力」に関する調査』において、全国にお住まいの障害のある人 4,455人を対象に行われたアンケートの結果である。調査期間は平成21年12月〜平成22年1月で、有効回答数は2135件。

この調査によると、障害のある人のインターネットの利用率は52.2%で、半数以上がインターネットを利用している。

<インターネットの利用状況>
利用している 利用していない 不明・無回答
52.2% 46.2% 1.5%

出所:内閣府「平成21年度 障害者施策総合調査」(平成22年3月調査)- 「<1>情報に関わる生活環境について」

ページの先頭に戻る

3. 総務省 情報通信政策研究所 調査研究報告書(平成15年)より

この調査は、東京都内の16歳以上49歳以下の障がい者男女を対象に各障がい者団体の御協力のもと、総務省によって行われた。調査は平成14年3月に実施、有効回答数は789件。

<障がいのある方々のインターネット利用率(平成15年)>
  インターネットを利用している
視覚障害 69.7%
聴覚障害 81.1%
肢体不自由 43.6%
障害者全体 29.2%

出所:総務省 情報通信政策研究所の平成15年報告書「障がいのある方々のインターネット等の利用に関する調査報告書」(平成14年3月実施)

ページの先頭に戻る

4. 郵政省(総務省)・障害者アンケート(平成11年)より

この調査は、視覚、聴覚および肢体不自由の障害者団体各1団体を対象に、郵政省(総務省)によって行われた。調査は平成11年12月に実施、有効回答数は590件。

<障害者によるインターネット利用率(平成11年)>
  インターネットを利用している
視覚障害 21.6%
聴覚障害 33.1%
肢体不自由 46.4%
障害者全体 34.9%

出所:郵政省「障害者アンケート」(平成11年)

ページの先頭に戻る

5. 郵政研究所・障害者アンケート調査(平成10年)より

この調査は、郵政研究所(現総務省 情報通信政策研究所)の「身体障害者、高齢者に優しい情報通信の在り方に関する調査研究」において、障害者団体の18歳以上の会員2700名を対象に行われたアンケートの結果である。調査期間は平成10年1月10日〜2月20日で、有効回答数は1416件。

<身体障害者のインターネット利用率(平成10年)>
  インターネット利用率
視覚障害 3.0%
聴覚障害 11.1%
音声・言語障害 14.5%
肢体不自由 8.2%
身体障害者 7.8%

出所:郵政研究所(現総務省 情報通信政策研究所)身体障害者、高齢者に優しい情報通信の在り方に関する調査研究報告書[概要]1998(平成10)年1月調査

ページの先頭に戻る

6. 参考:郵政研究所・知的障害児者のインターネット利用率(平成11年)

郵政研究所(現総務省 情報通信政策研究所)では、平成11年3月に「知的障害児者本人・家族アンケート調査」を実施している。障害者団体の協力を得て、18歳未満の知的障害児および、18歳以上の知的障害者それぞれにアンケートを実施した。有効回答数は449件(知的障害児者本人)。

この調査によると、インターネットの利用率は0.7%で、パソコン通信を含めても、わずか6名で、回答者全体(449人)の1%に過ぎない。

知的障害児者のインターネット利用率(平成11年)
  インターネット利用率
知的障害児者 0.7%

出所:郵政研究所(現総務省 情報通信政策研究所)知的障害者・要介護高齢者に優しい情報通信の在り方に関する調査研究報告書1999(平成11)年3月調査。

ページの先頭に戻る

 

以下は、このページの奥付です。