サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > バリアフリー規格 > JISの構成

情報アクセシビリティJISの構成


日本工業規格(JIS)として、「高齢者・障害者等配慮設計指針−情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス」(以下、「情報アクセシビリティJIS」と略す。)は、図のとおり3層構造で構成されており、その各パーツについて次のとおりJIS化されました。このうち、「第1部:共通指針」「第3部:ウェブコンテンツ」は2010年に改正されました。

JISの3階層を示した図


基本規格
基本規格である「ISO/IECガイド71」とは、高齢化の進展に適合した21世紀の製品・サービス開発の新しい国際標準作りを目的として、2001(平成13)年11月に「ISO(国際標準化機構)/IEC(国際電気標準会議)ガイド71」(規格作成における高齢者・障害者のニーズへの配慮ガイドライン)として、ISO事務局から発行されたものです。
これを基に、Z8071:2003「高齢者及び障害のある人々のニーズに対応した規格作成配慮指針」(2003年6月20日制定)としてJIS化されています。
共通規格
  • X8341-1:2004「第1部:共通指針」
    高齢者・障害者等が情報通信機器、ソフトウェア及びサービスを利用するときの情報アクセシビリティを確保し、向上させるための共通となる考え方や、機能、技術的要件を示した共通規格が、2004年5月に日本工業規格として制定されましたが、対応する国際規格(ISO 9241-20:2008)が制定されたことを踏まえ、その整合化を図るため、2010年3月23日付けで改正されました。
 
個別規格
  • X8341-2:2004「第2部:情報処理装置」
    PC(ハードウェア、ソフトウェア)、周辺機器、公共機器などの情報処理装置の分野の個別規格は2004年5月20日付けで日本工業規格として制定されました。
  • X8341-3:2004「第3部:ウェブコンテンツ
    ホームページなどで提供される情報やサービスなど、ウェブコンテンツに関する個別規格は2004年6月20日付けで日本工業規格として制定されましたが、技術の進歩や国際基準(WCAG2.0)の整合性などを考慮して2010年8月20日に改正されました。

    ウェブアクセシビリティJIS 「ウェブアクセシビリティ:みんなのウェブ」へ

  • X8341-4:2005「第4部:電気通信機器」 
    携帯電話、固定電話、FAXなどの電気通信機器の分野の個別規格は2005年10月20日付けで日本工業規格として制定されました。
  • X8341-5::2006「第5部:事務機器」
    コピー、プリンタ、複合機などの事務機器の分野の個別規格は2006年1月20日付けで日本工業規格として制定されました。
 

ページの先頭に戻る

 

以下は、このページの奥付です。