サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック > 高齢者・障害者支援サービス・取組 > 手話CG技術 〜将来の手話サービスの充実を目指して〜

手話CG技術 〜将来の手話サービスの充実を目指して〜

放送技術全般にわたる日本で唯一の研究所であるNHK放送技術研究所では、放送と通信を連携させたハイブリッドキャストや、究極の2次元テレビである8Kスーパーハイビジョンの研究開発を進めています。それらと並んで重要な研究テーマとして「人にやさしい放送技術」を掲げ、音声認識や言語処理の技術、そして緊急な気象情報の第一報に応用することを目指して手話CG技術の研究開発にも取り組んでいます。そこで、「手話CG」について、NHK放送技術研究所ヒューマンインターフェース研究部の比留間伸行主任研究員にお話をうかがいました。

NHK放送技術研究所ヒューマンインターフェース研究部 比留間伸行主任研究員

NHK放送技術研究所ヒューマンインターフェース研究部 比留間伸行主任研究員

[ 目次 ]

  1. 手話CG開発のきっかけ
  2. 手話CGで気象予報
  3. 手話CG検証サイトで質の向上をめざす
  4. 今後の課題