サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック > 高齢者・障害者支援サービス・取組 > 触地図自動作成システムtmacsの開発

触地図自動作成システムtmacsの開発

 新潟大学工学部福祉人間工学科渡辺研究室では、視覚障がい者向け触地図自動作成システムtmacs(ティーマックス)を開発し、ホームページ上で試験公開しています。視覚障がい者本人とその支援者が操作できることを念頭にデザインしたシンプルな画面と、触地図を自由に入手することによって視覚障がい者の日常生活を変えた点について評価を受け、「2012年度 グッドデザイン賞」を受賞しました。触地図自動作成システムtmacsの特徴としくみについて、開発を手がけた渡辺哲也さんにお話を伺いました。

新潟大学工学部福祉人間工学科准教授 渡辺哲也さん

新潟大学工学部福祉人間工学科准教授 渡辺哲也さん

[ 目次 ]

  1. 触地図自動作成システムtmacsの特徴としくみ
  2. 触地図の開発に必要な工夫
  3. 触地図自動作成システムtmacsの使い方
  4. 触地図の役割について
  5. 触地図作成サービスと今後の展望