サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック > 高齢者・障害者支援サービス・取組 > ブレイルセンスU2日本語版の開発

ブレイルセンスU2日本語版の開発

視覚障がい者が自分でパソコンを使ってインターネットやメールをするためのスクリーンリーダー(画面読み上げソフト)など、さまざまなプログラムを開発してきた静岡県立大学国際関係学部教授の石川准さん。2004年より開発を続けてきた音声・点字携帯情報端末の「ブレイルセンスシリーズ」の最新版、ブレイルセンスU2日本語版の開発について、石川さんにお話を伺いました。

静岡県立大学 国際関係学部教授 石川准さん

静岡県立大学 国際関係学部教授 石川准さん

[ 目次 ]

  1. ブレイルセンスU2日本語版の特徴
  2. 開発の経緯
  3. 開発へのこだわり
  4. ブレイルセンスU2日本語版の使い方
  5. サポートと今後について