サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック > 高齢者・障害者支援サービス・取組 > 「ワンセグ・オーディオ・レシーバー」の研究開発について

「ワンセグ・オーディオ・レシーバー」の研究開発について

2011年にテレビ放送がアナログ放送から地上デジタル放送になり、従来FMラジオ放送などで聴取することができたテレビ放送の音声を聞くことができなくなりました。視覚障害者向けの地上デジタルテレビ放送音声受信装置の開発が急がれました。テレビのワンセグ放送を受信して音声を聞くワンセグ・オーディオ・レシーバーの開発にかかわった加美電子工業株式会社の松井奈美さんと岡田和晃さんに、開発の経緯、完成した製品の特徴などを伺いました。

加美電子工業株式会社の特機電子グループ松井奈美さん(右)と総務経理グループ岡田和晃さん(左)

加美電子工業株式会社の特機電子グループ松井奈美さん(右)と
総務経理グループ岡田和晃さん(左)

[ 目次 ]

  1. 開発の経緯
  2. フルセグ方式とワンセグ方式の試作
  3. 開発で工夫したこと
  4. ワンセグ受信の課題
  5. 普及に向けた取り組み