サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック > 高齢者・障害者支援サービス・取組 > インタラクティブ触覚ディスプレイの開発(NHK放送技術研究所)

インタラクティブ触覚ディスプレイの開発(NHK放送技術研究所)

NHK放送技術研究所では、データ放送画面のレイアウトに実際に手で触れて情報を得たり、図やグラフなどに触れた位置の情報を音声や点字で伝えることができる、インタラクティブ性を持った触覚ディスプレイを開発しており、視覚に障害のある人に向けた新しい情報ツールとして、今後の可能性を期待されています。

同研究所の人間・情報科学研究部主任研究員坂井忠裕さんに、この触覚ディスプレイについて話を伺いました。

NHK放送技術研究所 人間・情報科学研究部主任研究員 坂井忠裕さんの写真
NHK放送技術研究所 人間・情報科学研究部主任研究員 坂井忠裕さん

[ 目次 ]

  1. 開発の経緯
  2. インタラクティブ触覚ディスプレイの使い方
  3. 実際に使用した方からの感想
  4. 今後目指していくこと
 

以下は、このページの奥付です