サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック > 高齢者・障害者支援サービス・取組 > 障害者雇用促進のためにできること(NTTデータだいち)

障害者雇用促進のためにできること(NTTデータだいち)

2008年に設立した株式会社NTTデータだいちは、社員88名のうち障害者59名(2010年7月1日現在)という体制で、WEB事業、オフィス事業、ヘルスキーパー事業、農業事業などに取り組んでいます。また、2010年6月には「Webアクセシビリティ診断サービス」を本格開始。在宅勤務者(以下「eスタッフ」と呼ぶ。)などを起用し、ユーザーの視点に立った診断作業を行っています。

今回は、WEB事業部課長代理の菅野正一さんに、会社の特徴、そして「Webアクセシビリティ診断サービス」について話を伺いました。

 株式会社NTTだいちWEB事業部課長代理の菅野正一さんの写真
※画像1  株式会社NTTだいち WEB事業部課長代理 菅野正一さん

[ 目次 ]

  1. NTTデータだいちの特徴
  2. 「WEBアクセシビリティ診断サービス」とは
  3. Web制作の在宅業務について
  4. 今後の展望と期待すること
 

以下は、このページの奥付です