ナビゲーションをスキップ

サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック > 高齢者・障害者支援サービス・取組 > パソコンなしでのネットコミュニケーション

孫とつながるテレビ!
パソコンなしでのネットコミュニケーションを実現!

高齢化社会が進む中、パソコンやインターネットなどの情報技術(IT)を使いこなせる者と使いこなせない者の間に生じる『デジタルデバイド』。
それを、テレビと携帯電話という身近な家電で解消する「メッセージボード・サービス」を開発・提供した、日立コンシューマエレクトロニクス(株)商品戦略企画部の鈴木宏幸さんに、「録画テレビ Woooシリーズ」についてお話をうかがいました。

鈴木宏幸さんの写真
写真1
日立コンシューマエレクトロニクス(株)鈴木宏幸さん

[ 目次 ]

  1. 「メッセージボード・サービス」とはどのようなものですか
  2. どのような特徴がありますか
  3. テレビを使ったネットコミュニケーションサービスを思い付いたきっかけは?
  4. そのほか、障がいのある方に向けた機能やサービスはありますか
 

以下は、このページの奥付です