ナビゲーションをスキップ

サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック > 高齢者・障害者支援サービス・取組 > ユニバーサル社会の実現に貢献したい

ユニバーサル社会の実現に貢献したい
視覚障害者の立場をメリットに変えて事業を進めています

視覚に障害のある人だけでなく、高齢で目の機能が衰えている人、学習障害を有する人、漢字が苦手な外国人など、パソコンや携帯電話を使うときに音声読み上げ機能が必要な人はたくさんいます。ナレッジクリエーション株式会社代表取締役社長の新城直さんは、ご自身が視覚障害者という視点からより使いやすい機器やソフトの開発について企業にさまざまな提案を行い、企業とのコラボレーションによってユニバーサルデザインやバリアフリーデザインの製品開発やサービスを積極的に提案しています。

新城さんに音声読み上げソフトへのこだわり、製品開発のポリシーなどについてお話をうかがいました。

新城直さんの写真
※画像1 ナレッジクリエーション 新城直さん

[ 目次 ]

  1. 視覚障害者の情報障害を補うために
  2. 教育者の立場から製品開発をする側へ
  3. 「xpNavo(エックスピー・ナボ)」の開発について
  4. 「vds(ボイス・デリバリ・システム)」の機能について
  5. 読み上げ機能はさらに進化しますか
 

以下は、このページの奥付です