ナビゲーションをスキップ

サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック > 高齢者・障害者支援サービス・取組 > より多くの人が使いやすい共用品。この発想を世界に発信したのは日本です

より多くの人が使いやすい共用品。
この発想を世界に発信したのは日本です

障害のある人や高齢者の不便さ調査を実施し、身体的な特性や障害にかかわりなく、より多くの人が利用しやすい製品やサービスの開発を推進している、財団法人 共用品推進機構の専務理事 星川安之さんに、共用品の歴史と取り組みなどについてお話しいただきました。

星川安之さんの写真
※ 写真 財団法人 共用品推進機構 星川安之さん

[ 目次 ]

  1. 共遊玩具を開発されていたそうですが?
  2. 小さな凸表示はどのようにして生まれたのですか?
  3. 共用品の考え方について教えてください
  4. 日本から提案した国際標準化について
  5. 共用品・共用サービスの今後は?
 

以下は、このページの奥付です