ナビゲーションをスキップ

サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック > 高齢者・障害者の現状と課題 > 夢をあきらめずプロ野球の道へ

夢をあきらめずプロ野球の道へ
〜横浜ベイスターズ・石井裕也さん〜

横浜ベイスターズの石井裕也選手は、感音性難聴という障害を持っており、左耳は全く聞こえず、右耳も補聴器を使えばかすかに聞きとれる、という状況です。高校時代から「サイレントK」という愛称で親しまれ、三振を次々と奪っていく彼のプレイスタイルに、多くのファンが魅せられています。

現在、幼少の頃からファンだったという横浜ベイスターズ(旧大洋ホエールズ)で、左腕として活躍する石井裕也選手に、野球を始めたきっかけと、プロを目指した経緯、そして今後の目標についてお話を伺いました。

石井裕也選手の写真
※写真1 横浜ベイスターズ 石井裕也選手

[ 目次 ]

  1. 野球を始めたのはいつからですか
  2. 社会人野球時代の印象的な出来事は
  3. プロ野球の楽しさと難しさについて
  4. 今後の目標を教えてください
 

以下は、このページの奥付です