ナビゲーションをスキップ

サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック > 高齢者・障害者の現状と課題 > 女優、忍足亜希子さん(ろう者)に聞く聴者とのコミュニケーション

女優、忍足亜希子さん(ろう者)に聞く聴者とのコミュニケーション

映画「アイ・ラヴ・ユー」(1999年)で、日本で初めてろう者の主役を演じ、話題をさらった忍足(おしだり)亜希子さん。映画や舞台、テレビ、CMなどにも出演し活躍している忍足さんに、女優としての演技について、またろう者と聴者とのコミュニケーションなどについて、お話をうかがいました。

忍足亜希子さんの写真
※写真1 女優の忍足亜希子さん。写真は「ありがとう」の手話。

[ 目次 ]

  1. 女優を目指し、オーディションを受けようと思ったきっかけは?
  2. 演技をするのに苦労されたことはありますか?
  3. 手話は世界の共通語ですか?
  4. 情報伝達方法について不自由に思われていることはありますか?
  5. 「情報バリアフリー」という言葉について
 

以下は、このページの奥付です