ナビゲーションをスキップ

サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック > 高齢者・障害者の現状と課題 > 高齢者にICTの有用性を伝えるのは誰? 〜高齢者と情報通信における現状と課題〜

高齢者にICTの有用性を伝えるのは誰?
〜高齢者と情報通信における現状と課題〜

近藤則子氏の写真パソコンや携帯電話などのICT(情報通信技術)が高齢者の老後の暮らしを大きく変えつつあります。高齢者にとってのICTの魅力や活用のメリット、そして普及の課題とはどのようなものでしょうか。今回は、老テク研究会事務局長として長年シニアネットの支援をされている早稲田大学国際情報通信センター加納研究室客員研究員の近藤則子氏に寄稿いただきました。

[ 目次 ]

  1. 老後を一変する情報革命
  2. 希薄な危機感、拡がり続ける情報格差
  3. 情報格差解消策はあるのか?
  4. 高齢者はなぜネットを使わないか?
  5. 高齢者とインターネット調査からわかったこと
  6. 高齢者がICTを使えなくて困るのは誰?
  7. ICTは高齢者のためにある!
  8. 高齢者はどうすればICTを使えるようになるか?
  9. 企業もシニア市場対策に意欲
  10. 普及の最大の課題はきっかけつくり
  11. おせっかいな人がICTの光と影を伝えよう

ページの先頭に戻る

 

以下は、このページの奥付です