ナビゲーションをスキップ

サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > トピック > 情報バリアフリー全般 > 人の不自由さを助けて幸せにするロボット技術で未来をつくる

人の不自由さを助けて幸せにする
ロボット技術で未来をつくる

2007年夏、新型ロボット「HallucII」とコックピット「Hull」が発表され、話題を呼びました。新しい視点から最先端のロボット研究開発をされている千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター所長の古田貴之さんにロボット技術開発の現在と今後の展望についてお話をうかがいました。

古田貴之さんの写真
※写真 千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター所長 古田貴之さん

[ 目次 ]

  1. ロボット研究の現在について
  2. 技術が実現するバリアフリーとは?
  3. 「Hull」「HallucII」はどんなロボットですか?
  4. ユビキタス社会とロボットの移動について
  5. 「未来の技術」と「先端技術」について
 

以下は、このページの奥付です