ナビゲーションをスキップ

サイトマップ - ヘルプ - お問い合わせ
 
 
現在位置: トップページ > 通信・放送 > 視覚障害のある方のために > e-ワークスネット 株式会社

図の内容(イメージ配信サービスのイメージ図)

元の図に戻る

データ入力委託者が、業務で使用している入力原票をサービス提供者に委託します。

サービス提供者は、まず入力原票をスキャナーに入力して、イメージデータを作成します。イメージデータからイメージを抽出分割することにより、配信イメージを作成します。配信イメージは、インターネット接続用に公開している、イメージ配信サーバに保存します。
サービス提供者は、入力データの結合・データのチェックと、工程管理プログラムによるサービス状況の監視もおこないます。

イメージデータはインターネットを経由してサービスを受ける障害者に配信され、サービスを受ける障害者から送信されたキー入力データはサービス提供者が受信します。サービスを受ける障害者のPCには、サーバに接続後、配信されたイメージを自動的に表示しキー入力できるソフトウェアを、あらかじめ導入しておきます。

ページの先頭に戻る

 

元の図に戻る


以下は、このページの奥付です。