ページの先頭: ナビゲーションをスキップ

現在の位置:

トップページ > 総務省実証実験について > 

本文はじめ: 本文を飛ばす

実験の概要と実施状況

総務省では、平成13年度にはJ-WASを使って国内のウェブアクセシビリティを改善することを中心に、平成14年度には全国でのセミナーとウェブアクセシビリティ・コンテストを通じて、ウェブアクセシビリティの普及啓発を促す実証実験を行いました。
ここでは、実証実験の概要と、実験が実施された状況について説明します。

目次おわり:

a. 実験の概要

本実証実験では、わが国におけるウェブアクセシビリティの普及啓発を目標に、平成12年度に日本独自の問題を考慮したウェブアクセシビリティのあり方の検討及びウェブアクセシビリティ点検・修正システム(当時J-WAS、現在ウェブヘルパーと呼称)の開発、平成13年度にはJ-WASを使った全国3地域での重点的な実証実験の展開に取り組んできました。
また、 平成14年度は、これまでの2か年の取り組みを通じて広まってきたウェブアクセシビリティへの関心を確実に根付かせるステージとして、前年度東京のみで開催したウェブアクセシビリティ・セミナーを全国各地(4箇所)で開催するほか、ウェブアクセシビリティ・コンテストの開催を通じて、良き理解者と推進者の動機づけを高める社会環境の整備に努めるほか、企業や団体のウェブ担当者やウェブ制作関係者の理解の深化と技術の向上を図ることを目的に、さまざまなテーマに取り組みました。

この実験には、次の2つの目的がありました。

  • J-WASを多くの人に実際に使っていただき、システムの有用性や機能・使い勝手を評価し改善につなげる。
  • 実証実験を通じて、ウェブアクセシビリティの重要性についての認識を広め、アクセシビリティの高い日本語ウェブページをできるだけ増やす。

目次に戻る(x) 


b. 実施の全体構成

実証実験は、総務省を中心に、各省庁、地方公共団体、民間企業、高齢者・障害者グループ、関連NPONGOなど、幅広い方々のご協力によって実施しました。

電気通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ作業部会が、実験全体の推進役として、助言や評価を行いました。

実証実験はオープンな環境で行いましたので、どなたでも実験にご参加いただくことができました。

実証実験プランのイラスト

目次に戻る(x) 


c. 実験協力地域での取り組み

各実験協力地域で、さまざまな団体等のご協力をいただきながら、いろいろな視点からウェブアクセシビリティについて検討を深めていきました。

  1. 各実験協力地域でウェブアクセシビリティに関する講習会等を開催しました。また、地域の高齢者・障害者と、地元企業や公共機関のウェブ担当者との交流の場を設け、ウェブページを使いやすくするための情報交換等を行いました。
  2. 実験協力地域の自治体、公共機関、地元企業、各種団体に、J-WASを使ってそれぞれのウェブサイトのアクセシビリティ点検・修正をしていただきました。
  3. 修正を行ったウェブサイトについては、地元の高齢者・障害者グループのメンバーが実際に利用できるかどうかを確認し、その結果をフィードバックしました。
  4. 地元利用者からの評価も踏まえ、一定のアクセシビリティレベルを満たしたと認められたサイトは、実証実験ホームページで公表しました。

目次に戻る(x) 


d. 地域を限定しない取り組み

各種の展示会への出展や講演会等での発表、セミナーの開催、コンテストの開催など、さまざまなイベントを通じての実証実験の宣伝活動とウェブアクセシビリティについての啓発活動を行いました。

  1. 各種展示会への出展や講演会等での発表を行うと同時に、全国でウェブアクセシビリティ・セミナーを開催し、各省庁をはじめ、地方公共団体、企業などにJ-WASを使ったアクセシビリティ改善を呼びかけました。
    • 各省庁、地方公共団体 ・主要民間企業
    • バリアフリーをテーマにした企業グループ、市民グループ等
    • ポータルサイト、マスコミなど利用者の多いウェブサイトの運営者
    • 全国のシニアネット、障害者支援団体、その他のNPONGO
    • これらのウェブページ制作を行っているクリエーター、デザイナー等
  2. ウェブアクセシビリティに取り組むクリエイターやホームページ提供者にとって有効なアピールの場となること、アクセシブルなホームページを作る際の参考となる作品が集まること、そして、広くウェブアクセシビリティに対する関心を喚起する機会となることを目指して、「みんなが使えるホームページ・コンテスト」を開催し、アクセシビリティに配慮したホームページ(ウェブサイト)を各地域・分野から募集するとともに、特に優れたホームページや参考となるホームページを表彰しました。

目次に戻る(x) 


本文おわり:

「総務省実証実験について」に戻る(y)


ページの先頭に戻る(z) 


奥付:
(c) 2001-2003 by ウェブアクセシビリティ実証実験事務局,
(c) 2004- by 情報通信研究機構 バリアフリーサイト, all rights reserved. barrierfree@nict.go.jp
ページおわり: ページの先頭に戻る