ページの先頭: ナビゲーションをスキップ

現在の位置:

トップページ > ウェブヘルパーを利用する > 

本文はじめ: 本文を飛ばす

ウェブヘルパーのソース公開について

ウェブヘルパーのソース公開の条件および手順について説明します。

目次おわり:

a. はじめに

ウェブヘルパーの機能、性能、品質の向上とアクセシブルなウェブの普及を目的に、「使用許諾条件」に基づき、ウェブヘルパーのソースコードを提供します。

ウェブヘルパーのソースコードは、誰でも自由に入手し改変を加えることができますが、その配布は原則無償を条件とします。なおこの改変には、自ら開発したプログラムに本プログラムを組み込んだ場合なども含まれます。また、ウェブヘルパーの原著作権者はその派生物の使用、改変、配布の結果として起きたいかなる損害に対しても責任を負わないことと、ウェブヘルパーのソースコードの利用目的が関連法令に違反しないこと等を基本要件とします。

目次に戻る(x) 


b. 各バージョンの説明

以下の3つのプログラムについて、それぞれのソースを公開しています。

1 ウェブヘルパー Ver1.0

ウェブヘルパー Ver1.0は、2003年5月19日にリリースしました。

Ver1.0は、すべてJavaで開発されています。また、Ver1.0はJAAPIに対応していますので、JAAPI対応のスクリーンリーダーを使用することにより、Java Access Bridge経由で読み上げに必要な情報を取得することができます。

Ver2.0はVer1.0に比べ、操作性の面で向上を図っていますが、機能面ではほぼ同等のものです。

2 ウェブヘルパー Ver2.0

ウェブヘルパー Ver2.0は、2003年8月1日にリリースしました。

Ver2.0は、すべてJavaで開発されています。スクリーンリーダー対応を図ったVer2.0Rの開発に合わせてVer1.0に対して修正を加えたバージョンであり、画面遷移や操作ボタン名の統一に配慮しました。ただし、完全にJAAPIには対応できていません。

3 ウェブヘルパー Ver2.0R

ウェブヘルパー Ver2.0は、2003年8月1日にリリースしました。

Ver2.0は、GUI部分にSWT(Standard Widget Toolkit)を採用しています。また、スクリーンリーダーに対応させるために、いくつか一般的ではないGUI制御を行っている部分がありますので、参考にされる場合はご注意ください。

目次に戻る(x) 


c. 開発環境その他の注意点

各プログラムの開発環境およびソース利用に際しての注意事項をまとめました。ご利用の前に必ずご確認ください。
なお、以下の記述については全てWindows環境での開発を前提にしています。

なお、公開していますプログラムソースの内容についてのご質問等は、いっさいお受けしていませんので、事前にご了承ください。

1 ウェブヘルパー Ver1.0

(1)開発環境

  • Java(TM) 2 SDK Standard Edition 1.3.1_07

(2)ビルド環境

  • Apache Jakarta Project(http://jakarta.apache.org/)で公開されているフリーのビルドツール「ant」を使用

(3)注意点1

ウェブヘルパーでは、以下の外部ライブラリを使用しています(XMLライブラリ:XMLファイルの解析に使用)。それぞれのライセンスに留意してご利用ください。

  • xalan.jar
  • crimson.jar
  • jakarta-oro-2.0.6.jar

(4)注意点2

開発ツールにJBuilderを使用しています。このため、画面レイアウトを整えるために、JBuilderに含まれる以下のクラスを使用し、JBuilder5 Professionalのラインセンスで開発・配布しています。

  • com.borland.jbcl.layout.VerticalFlowLayout.class(レイアウト)
    http://www.borland.co.jp/qanda/jbuilder/jfaq0159/deploy.txt

しかし今回のソース公開にあたり、開発ツールが固定されることを避けるため、このクラスを使用しない状態へのソース修正を行っています(Swingが実装する標準レイアウトクラスに変更)。
このため、現在配布中のウェブヘルパーVer1.0とはプログラムソースとして厳密な意味では同一ではありませんが、レイアウトが若干ずれていることを除き、機能的には変わっておりません。

(5)その他の情報について

プログラムソースのファイル構成、ビルド方法、使用している外部ライブラリの所在情報については、別途お申し込み後にお知らせするダウンロードページに記載しています。

2 ウェブヘルパー Ver2.0

(1)開発環境等

ウェブヘルパー Ver2.0は、Ver1.0のプログラムソースに対してモジュールの追加と修正を行っています。
したがって、Ver2.0の開発環境およびその他注意点等は、上記ウェブヘルパー Ver1.0の内容を参照してください。

(2)追加・修正モジュール

ウェブヘルパー Ver2.0において、追加・修正したモジュールは以下を参照ください。

3 ウェブヘルパー Ver2.0R

(1)開発環境等

ウェブヘルパー Ver2.0Rは、Ver1.0のプログラムソースに対してモジュールの追加と修正を行っています。
したがって、Ver2.0Rの開発環境およびその他注意点等は、上記ウェブヘルパー Ver1.0の内容を参照してください。

(2)追加・修正モジュール

ウェブヘルパー Ver2.0Rにおいて、追加・修正したモジュールは以下を参照ください。

目次に戻る(x) 


d. 使用許諾条件

以下の「使用許諾条件」に基づき、ウェブヘルパーのソースコードを提供します。
よくお読みのうえ、この条件に同意いただける場合は、下記のソース公開連絡先までご連絡ください。

ウェブヘルパー ソース「使用許諾条件」

(1)著作権

ウェブヘルパーの著作権は総務省が有する(原著作権者は総務省である)。

(2)ウェブヘルパーの改変とその配布

ウェブヘルパーの全部又は一部を含む著作物を作成し、あるいはウェブヘルパーの全部又は一部から派生した著作物(以下「ウェブヘルパーの派生物」という。)を配布又は発表する場合には、以下のすべての事項を満たすことを要件として、原著作権者はこれを許諾するものとする。

  1. 原著作権者は一切の市場的価値及び特定の目的に適合する保証を行わないとともに、当該ウェブヘルパーの派生物の配布又は公表に当たって、第三者の間で生じたいかなる損害に対しても一切の責任を負わないことを明示した約款等を添付すること。
  2. 当該ウェブヘルパーの派生物のプログラムに対応した完全かつ読みとり可能な形のソースコードの添付、又はいかなる第三者に対しても、一般に流通している媒体により完全かつ読みとり可能な形のソースコードを交付することを約した書面を添付すること。
  3. 当該ウェブヘルパーの派生物を配布又は公表し、そのソースコードを添付又は交付するに当たっては、原則無料で行うこととし、配布又は交付に要する最小限の実費以上の金額を徴しないこと。
  4. ウェブヘルパーのソースコードの利用目的が、いかなる法律・法令・条令に違反しないこと。

(3)ウェブヘルパーの派生物を有償で配布することについて

プログラム又はその一部を含む著作物、あるいはプログラムかその一部から派生した著作物を有償で配布するなどの場合には、別途総務省の許可が必要である。

総務省は、このようにプログラムの財産としての価値が顕在化した場合には、その時点で国有財産を管理する部署と協議し、利用を許可したい場合には国有財産の行政財産としての管理を開始することになる。なお、その際には、行政財産としての用途又は目的を妨げない限度において使用を許可し、国は国有財産使用料を徴収することができる。

(4)その他、免責事項等

原著作権者は、公開するウェブヘルパーのプログラムソースならびに動作に必要な実行環境を、インストールまたは使用したことにより生じた、直接的または間接的な損失、損害等について、いかなる場合においても一切の責任を負わないものとする。

また、公開するウェブヘルパーのプログラムソースの内容についての質問には一切応じない。

ウェブヘルパーのソース使用許諾条件は以上です。

目次に戻る(x) 


e. ソース公開連絡先

ウェブヘルパーのプログラムソースの公開に関するお問い合わせ、申し込みは、以下宛にお願いします。
なお、メールでのご連絡の場合は、お名前、所属、電話番号、ソース公開を希望するウェブヘルパーのバージョンの記載をお願いいたします。

また、公開していますプログラムソースの内容についてのご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。

  • 総務省情報通信政策局情報通信利用促進課
  • TEL:03-5253-5743
  • FAX:03-5253-5745
  • Eメール:u-net@ml.soumu.go.jp

目次に戻る(x) 


本文おわり:

トップページに戻る(y)


ページの先頭に戻る(z) 


奥付:
(c) 2001-2003 by ウェブアクセシビリティ実証実験事務局,
(c) 2004- by 情報通信研究機構 バリアフリーサイト, all rights reserved. barrierfree@nict.go.jp
ページおわり: ページの先頭に戻る